再発の予防

大人ニキビは、生活習慣がたたって出来るもの、ストレスを溜め込んだせいで出来るものなどがあります。
ストレスが溜まると肌荒れが出るというのはよく聞く話ですが、精神的な負担が体の表面に出てくるというのはよくあることなのです。
また、肌を清潔にしていない場合には雑菌が毛穴から入って炎症を起こしてニキビになってしまいますし、肌の新陳代謝が子供の頃に比べれば落ち着いてしまったのに、たくさんの脂分を摂取して分解しないままでいると、ニキビが出来てしまうのです。
年中イライラしていて、お菓子ばかり食べていて、あんまり顔を洗わない。そういう人は大人ニキビを作りやすく、ニキビ跡も作ってしまいやすいのです。
生活習慣を見直さないかぎり、出来て治して出来て治して、跡が残る……という繰り返しの中から脱出することは出来ないわけです。
ニキビやニキビ跡を治すためにはどうすればいいのか。そのことを知ることも、もちろん大事なことではありますが、大人ニキビの場合には、これを再発させないためにはどうすればいいのかということも、考えておく必要があるでしょう。

上に書いたように、再発の原因はいくつかあるわけですから、まずはひとつひとつ解決していってみましょう。
例えば、脂分のとりすぎ。これは食生活を見直すことで何とかなりそうです。
ニキビを作りにくくし、治療にも使われている各種のビタミンを、脂肪に代わって意識して摂っていくと良いでしょう。同じ肉でも鳥のササミや、お魚。卵や乳製品のようなものもニキビを作りにくくするのに役立ちます。
ビタミンの中でも、色素沈着を防ぎ、コラーゲンの生成を助ける働きのあるビタミンCは、ニキビに悩む人にとっては最も注目すべき栄養素と言えます。
この栄養素は、ニンジンやジャガイモ、ホウレンソウやピーマンといった緑黄色野菜や、各種のフルーツに含まれています。

ストレスを溜め込まないようにすることも大事な再発予防のひとつです。深呼吸して、イライラしそうならそれを発散する方法を見つけて、心穏やかに過ごしていきましょう。
お風呂や洗顔、スキンケア。タオルや枕カバーの定期的な取り替え。顔面の清潔さを保つためのこれらの取り組みも、無駄にはなりません。