ケミカルピーリング

ニキビは、薬を塗ったり器具で中身を押し出したりして、炎症を治療することで治すことが出来ます。それらの治療を行うと、跡を残すことなくすっきりとした、なめらかなお肌を取り戻すことが出来るのです。
しかし、皮膚科できちんと治療せずに、何となく自分で治してしまったような気になっているニキビは、クレーターや変色といったニキビ跡を作ってしまっているものです。
特に、大人ニキビのニキビ跡は、治すに厄介なものであると言われています。

形や色が変わってしまったニキビ跡を治療するための方法は、それぞれの変化をもとに戻すという基本のもとで行われます。
形が変わってしまったのなら、それをもとに戻しましょう。色が変わってしまったのなら、それをもとに戻しましょう……。
ニキビ跡が赤や茶色になってしまうのは、炎症の跡が残って色素が沈着してしまうか、皮膚が薄くなって中が透けて見える状態になってしまうか、どちらかです(『ニキビ跡の種類』を参照)。
色素が沈着してしまったときの治療としては、色素を分解するという方法がとられるのが一般的です。美容クリニックでよく使われているのは、レーザーです。
熱エネルギーと超音波エネルギーによって、皮膚組織を傷つけることなく、色素だけを破壊して色を消してしまうことが出来ます。

一方、皮膚が弱く、薄くなっているときには、皮膚組織を再生させる治療を行う必要があります。うすくなった皮膚に厚みを取り戻させるという治療です。
同じく、クレータータイプの跡が出来てしまった場合にも、皮膚組織を再生させてデコボコをならす治療が行われる必要があります。
薄くなったり、デコボコになってしまった肌を、新しく作るという治療なのです。

具体的には、皮膚のすぐ下にある真皮層という層に働きかける治療があります。その部分は、肌に厚みと潤いを与えるコラーゲンを生成し、ためこむ部分であり、ここに働きかけてたくさんのコラーゲンを作らせることによって、皮膚に厚みを与えることができるのです。
赤くなってしまうニキビ跡は、これによって治療可能となっているわけです。
また、デコボコになってしまった肌は、新陳代謝を活発にして皮膚組織を入れ替え、新しくしてしまうという方法が取られます。
この方法こそ、いま美容クリニックで注目されているケミカルピーリングという方法です。「ピーリング」というのは「皮むき」のことで、これに使われるのは今ある皮膚組織を剥がし、新しい組織を作り出す新陳代謝のスピードを上げ、充実させる効果を持つお薬です。
薬を塗ると、その部分で時間をかけて皮膚が新しく作られ、デコボコの肌が剥がれ落ちてつるつるの肌が出てくる、ということになっています。